常々思っている事なのですが
Twitterでもぼそっと書くのですが

バストアップに限らずどんなことでも何かを成し遂げるには
『何を得たいのか』『得るためには何をしたらいいのか』『したことの結果はどうなのか』
をしっかり捉えていないとだめではないでしょうか


日常生活に置き換えると

先日ブログでも書きTwitterでつぶやきましたが


うまい例えが出来なくて困っているところです

高校生くらいを例えにすると
・欲しい服がある(バストアップしたい)
・バイトしてお金を稼がないと買えない(何かをしないとバストアップ出来ない)
・バイトを探す(バストアップ方法を探す)
・バイトをする(バストアップ方法を実践)
・欲しい服が買える(バストアップ成功)


この中で
・バイトを探す(バストアップ方法を探す)
・バイトをする(バストアップ方法を実践)

この部分が自分にあわないということではないでしょうか

・バイトを探す(バストアップ方法を探す)
結局同じ『バイト選び』でも性格や家庭環境、生活習慣で選ぶものは変わるでしょうし
お小遣いはみんな同じではないのでバイトで得ないといけない収入も人それぞれですよね
なのでバイトする時間も必要となる時給もかわりますよね
バストアップも同じで今の身体の状態は人によって大きく違います
なのでしなければいけない事も量も変わると思うんです
ただ、この点に関しては自分の身体の事なので自分でしっかり向き合わないといけません

・バイトをする(バストアップ方法を実践)
内向的で接客向かないのに飲食店のバックではなくフロアのバイトしてしまう
時給のみで選んだのでハードで身体がついていかない
時給や内容を考えないで募集しているというものに応募したのでいつまでたってもお金がたまらないし辛くてやめたい
バストアップ方法も同じで自分の身体にあうものを自分の身体が必要なだけしないと効果は得られません

また微妙な例えですね

みなさんバストアップ方法を調べたり
バストアップ商品を買われたり
一生懸命だと思います
私もそうです

けど、
そのバストアップ方法はなんで『バストアップ』できるのか
という事を考えてみてはどうでしょうか?

例えば
『トレーニングで大胸筋を鍛えましょう』という方法を見つけたとして
そのトレーニングを取り入れたとしても
結局は大胸筋を育てるための栄養素がなければ大胸筋は育ちません
掘り下げて
『大胸筋を大きくするための食生活、栄養素』という知識が追加で必要になると思うんです
そしてさらに掘り下げると身体はバランスをとっている物なので
『大胸筋を支えている筋肉はどれなのか』
『その筋肉を大きくするためにはどうしたらいいのか』
と次から次へと出てきます

さらに大事なのは
大胸筋を大きくしてもバストに脂肪がなければ
ボディビルダーのような身体になってしまうということです
何をしたら大きくなるのかということを振り返ってみてはいかがでしょうか?

これ考えるのって苦痛な人は苦痛だと思うんです
そして目を背けて安易な方法や手段を増やすことになって
どんどん悪循環になっていくと思います

『なんでバストアップがうまくいかない
と悩まれた方は
『じゃぁこれも追加でしよう
と新しい方法を試される前に

『今している方法の効果を発揮させるためにはどうしたらいいだろう?』
『今していることは自分のバストに必要なのか』
『自分のバストに必要なことはなんだろう』
と考えてみるのもいいのではないでしょうか?
その点で悩まれるのであれば客観的にお話を聞いてくれる方に相談されるのがいいと思います
そして素直に聞かれることだと思います

昨日
というツイートをしましたが
今しているバストアップ方法を見つめなおして
無駄を無駄と気づいて削ることも大事だと思います

のせれる写真がなかったのでありあわせで。。。

DSC_4937_03




よろしければポチっとお願いします

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ