バストアップ記録

ブラ無し
・トップバスト 91.5センチ
・アンダーバスト 65センチ
・差異 26.5センチ 

ちょっとダイエットによるお話ですけど
私の場合はシンデレラ体重=不健康が前提なのであしからずで…

お肉を健康的につけなければいけない方
健康的な水準まで落とさなければいけない方
様々な方がいらっしゃるかと思います

私の場合は
164センチ 46~48キロ 体脂肪率17% C65
というところから育乳をスタートし
現在は
164センチ 52キロ 体脂肪率21% H65

という状態なのですけど
実はピーク時は
164センチ 56キロ 体脂肪率24% E65

という時期がありました

アンダーも常に65キープしていたのが
ピーク時は68くらいまで行きました
この辺の数値(体重、体脂肪除く)は過去の記事でも推移が書いてあるかと思います

私の場合は体脂肪率が20%未満23%以上になると生理周期がおかしくなるので
ホルモンバランスがこの時期におかしくなるという事が判明しています

結果、何が言いたいかといいますと
あくまでも私の場合は体脂肪率を20%~23%以内に収める事が
女性として身体が安定している状態ということになります

お肉を増やしてこの体脂肪率を維持するためには
筋肉量の増加が必須になるわけで
そのために取り入れたのがストレッチと体感、腹筋だったわけです

一時期、スクワットも取り入れたのですが
筋肉量の増加が大きすぎてバランスが崩れるのでやめた経緯があります

ヒップはストレッチで十分引き上げる事と維持する事が出来ることが判明したので

個人差はあるかと思いますが
このバランスの見極めが重要な要素になるのかなっと思います
体脂肪が健康状態でない方は体脂肪率上昇が必要でしょうし
多すぎる方は減らす事が必要でしょうし

それ以前にその状態を維持する基礎筋力と食生活が必要になるかと思います

結局この準備がないままにダイエット(体脂肪の削減)したり
増量に励まれても
ちぐはぐな状態でバランスが維持できず
せっかく増やした体脂肪がすぐに落ちてしまったり
削減した体脂肪が元に戻ったりするのではないでしょうか?

筋肉もつけすぎず、なさすぎずが理想という事になってしまいますが
筋肉つき始めると楽しくなってつけすぎてしまうんですよね…
目標はバストなのに筋肉が嬉しくて

体脂肪少なめな方が先行して筋肉着けすぎてしまうと
食べても食べても消費しちゃうとか
逆の悩みが生まれてしまうんですよね

私の場合は
①少なかった体脂肪を純粋に増やした
②増やしすぎて筋肉でバランスを取った
③バランスを意識して調整
という手順を計画せずに行えたのでよかったのですが

多くの方は筋トレと体脂肪の増加を並行されてしまっています
この時に筋トレが基礎筋肉以上の負荷となっていらっしゃる方が多いです

ご相談者さんからも
筋トレ先ずはやめましょう!
と提案すると
『なんで?』というリアクションを頂くのですけど
オーバーワークになられてしまっている方が多いんですよね

基礎筋肉をしっかり最終的にはつけるのでダイエットにも行きつくのですけど
バランス考えて、無理せず急がずコツコツと進めていくのが一番です

ブログランキングに参加しています
ポチっとして頂けますと嬉しいです


にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ



育乳(バストアップ)行動 
インターバルトレーニング(各インターバル30秒)

ベンチディップス 30秒
バランスボール足載せ腕立て伏せ 30秒
・腹筋・腰・背中
 Chair Sit Ups 30秒
 Hip Raises 30秒
 Plank Knesse To Elbows 30秒
 Russian Twists 30秒
 Plank Twists 30秒
 Plank 30秒
猫のポーズ 5分
 
 猫のポーズはこちら
  


 腹筋のご参考はこちら
 

・食事関連
 バナナミルク 500ml
 豆乳 200ml
 飲むヨーグルト 200ml


・鎖骨・脇リンパマッサージ(ブラへの詰め込み兼ねて)

一日の使用ブラ
・エメフィール RICHレース 脇高ブラ H65(パッド無し)

エメフィール_カシュクール_脇高ブラ_H65_20191124


私のご相談などの活動資金?は当ブログのアフェリエイトならびに
広告収入でまかなわせて頂いています
よろしければリンク(画像クリック)から購入していただけますと活動の幅も広がります
※スライドで動いている楽天バナーでも大丈夫です



FGHカップはこちらから

よろしければポチっとお願いします

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ